京都の日々々記

京都のこと、写真やカメラをはじめとした趣味のこと、ひとり暮らしの諸々など

「京都千丸 麺屋しゃかりき」の濃厚魚介つけそばを食べる

f:id:sunstar78:20170617153845j:plain

「京都千丸 麺屋しゃかりき」さんで、濃厚魚介つけそばをいただきました。京都つけ麺界の流れを変えたという評判も聞く麺屋しゃかりきさん。どのような味なのかレポートします!

 

麺屋しゃかりきとは

f:id:sunstar78:20170617153905j:plain

麺屋しゃかりきさんは、「京都千丸」という名前のとおり、京都市中京区の千本通りと丸太町通りの交差点の近くにあるラーメン・つけ麺屋さんです。JRと地下鉄の二条駅から徒歩10分程度の場所です。

ラーメン激戦区である一乗寺にある「一乗寺ブギー」さんや、京都産業大学構内にある「壱馬力」さんも、麺屋しゃかりきさんの系列店です。

 

余談ですが、昼と夜の2部制で店を開けているラーメン屋さんが多く、夕方のため周りのお店は閉店中だったので、この日麺屋しゃかりきさんが通しで営業されていたのが助かりました。

 

f:id:sunstar78:20170617154606j:plain

麺屋しゃかりきさんは醤油、塩、煮干し、濃厚魚介、坦々と5種類もあるつけそば(つけ麺)を一番の売りにされていますが、つけそば以外にも汁そば(ラーメン)や担々麺もありバリエーションが豊富です。ちなみに、つけそばの味ごとに使う麺が変わるようです。こだわってますね。

 

麺屋しゃかりきの濃厚魚介つけ麺

f:id:sunstar78:20170617153932j:plain

今回は売りのつけそばの中でも人気No.1になっていた「濃厚魚介つけそば」の大盛りをいただくことにしました。券売機方式ではないので、店員さんに注文。

お店は割と余裕のある広さで、カウンターに座ると後ろを通りにくくなるといったことはありません。カウンターには辛いニラや胡椒などが備え付けてあります。半端な時間に伺ったので、店内のお客さんは数名のみでした。

 

注文して10分程度で濃厚魚介つけそばが到着です。

f:id:sunstar78:20170617153845j:plain

まず、つけ汁を味見。豚骨、鶏、そして魚介のうまみがつまったスープです。豚骨と鶏ベースのスープに、魚粉が入っています。

具材は、スープに合わせて豚と鶏2種類のチャーシューがたっぷり。赤身の部分が多かったですが、ぱさつくということはなく、しっとりとして食べごたえのある好みのチャーシューでした。いざ麺を食べ始めると、このチャーシューが食べても食べてもスープから出てきます。一般的なつけ麺と比べても、チャーシューの量は多めだと思います。あとは、極太のメンマが一本。これもアクセントになっていいですね。

濃厚魚介と謳うだけあってさすがに濃いめの味ですが、しつこいという感じはありません。しっかりコクのあるつけそばで、満足感があります。

 

大方を食べ終わった頃になって気づいたのですが、魚粉がスープの下の方に溜まっていたようです……。この魚粉を底から混ぜると、これまで以上に魚介の味が増していい感じ。魚粉が混ざっていないときでも美味しかったですが、混ぜたあとも美味しくいただけ、なんだか得した気分でした。つけ麺を食べるときいつも終盤になって気づくのですが、魚粉の入ったつけ麺を食べるときはまずつけ汁を底から混ぜた方がいいのかもしれません。ちなみに、魚粉を混ぜたあとの方が好みの味でした。

締めのスープ割りは、カウンターにある保温ポットから出汁をセルフで入れます。出汁はかつおベースでした。スープ割りにすると、より魚介の風味が引き立っておいしかったです。

 

今回大盛りで注文したつけ麺ですが、一般的な大盛りより麺が多かった印象を受けました。なんとか食べきったものの、かなり満腹になりました。チャーシューの量といい、麺の量といい、気前のいいお店だなという印象。また来たいと思います。

 

まとめ

以上、京都千丸 麺屋しゃかりきさんの濃厚魚介つけ麺に関する記事でした。

なかなか好みの味だったので、近くに行ったときはまた訪ねたいと思います。京都つけ麺界の流れを変えたという評判は伊達ではなく、完成度の高いつけ麺でした。次は違うつけ麺にチャレンジします!

系列店である一乗寺ブギーさん以外にも、最近京都タワーにオープンんした「京都タワーサンド」内にもお店ができたようですよ。こちらも要チェックですね。

 

  • 店名:京都千丸 麺屋しゃかりき
  • 住所:京都府京都市中京区聚楽廻東町3-9
  • 営業時間:11:00~翌0:30
  • 定休日:無休

syakariki.jp