京都の日々々記

京都のこと、写真やカメラをはじめとした趣味のこと、ひとり暮らしの諸々など

リアルなインドの食堂、本格家庭料理が楽しめる三宮「クスム」

インド家庭料理クスム

神戸・三宮にある、インド家庭料理店「クスム」さんに行ってきました。

レストランぽくない店構えにはじまり、日本語の通じない店員さん、メニューも置いていないなど、初めて訪れるにはハードルの高いクスムさん。提供されるベジタリアンメニューは、肉が入っていないと感じない食べごたえで絶品のおいしさでした。

インドからワープしてきた!?神戸の本格インド家庭料理「クスム」

f:id:sunstar78:20191026204134j:plain

インド家庭料理クスムさんは、三宮駅から山側に10分ほど歩いたところにあります。

雑居ビルの2階がお店で、同じビルの地下ではスパイスやインドなどの食材の販売もされています。

かつては普通のマンションの一室で営業されていたらしく、おいしいけど相当に入りにくい店だったとの評判です。当時と比べれば今は入りやすくなっているそう。

今は一応お店らしい雰囲気になっていますが、それでもインド料理店に慣れていない人にとっては、入店するのに少し勇気がいります。

クスムさんの特徴は、なんといってもメニューがないこと。厳密にはお店の前にメニューが出ており、お店に入って席につくと、何も注文しなくてもこのコースが自動的に提供されるというシステムです。自分でメニューを選ぶ必要はなく、またコースの中心であるカレー、チャパティ、ライスは食べ放題。また、メニューはすべてベジタリアン仕様で、肉や魚は一切なし。 さらに口コミによると、お店の方はインド人で、日本語はほとんど通じないとのこと。

……これはなかなかハードルが高そうなお店です。でも口コミの評判の高さはとても気になります。

 

クスムの本場インドベジタリアン家庭料理

インド家庭料理クスムのメニュー

というわけで、勇気を振り絞って(というほどでもないですが)クスムさんに入店。

店員さんに人数を指で示しながら、空いているテーブルに座ります。少しすると、お水とおしぼりが出てきました。

インド家庭料理クスム

まるでインドの食堂にワープしたかのような店内は、インド料理店にありがちな民族音楽のBGMやインド映画を流すテレビもなく、ただ扇風機の音と調理場の音が聞こえてきます。

クスムさんは店内のようすや店員さんの接客なども含め、日本のレストランとはひと味もふた味も違います。店員さんはもちろんインド人。日本語はほとんど通じません。まるで現地のインド料理店に来たようなお店で、食べる前から気分がワクワク(とドキドキ)です。

クスムのサラダとサモサ

10分弱でテーブルにサラダと2つのボトルが出てきました。サラダはインドっぽいドレッシングとスパイスミックスがかかっています。ちょっとはみ出しているのが家庭料理感があって素敵です(笑)。

サラダで助走をつけていると、次のメニューであるサモサが到着。先ほどのボトルは、このサモサにつけるチャトニ(ソースのようなもの)でした。

まずは何もつけずにサモサをいただきます……が、このサモサが絶品!油で揚げてあるにもかかわらず、油っこさがまったくありません。サクサクで香ばしい皮と、ホクホクの具(ポテトと野菜)の対比がすばらしく、肉が入っていないのにスパイスのおかげで食べごたえもあります。

2種類のチャツネもそれぞれがおいしく、緑色の方はミントと青唐辛子などが入った酸っぱ辛いソース、オレンジ色の方はタマリンドが入った酸っぱ甘いソースで、あっさりしたサモサに味や香りの広がりを付加してくれます。

正直、これまでの人生で最も美味しいと感じた揚げ物かもしれません……。このサモサだけでも来た甲斐がありました。

 

f:id:sunstar78:20191026204001j:plain

素晴らしいサモサを食べたあとは、いよいよメインのカレー三種類とチャパティ、ライスです。 カレーは日替わりのようで、この日はダル(豆)、パニール(インドのチーズ)とグリーンピース、ミックスベジタブルでした。

ダルは豆の滋味深い味わいだけでもおいしいのですが、このダルはにんにくとギー(インドの澄ましバター)、クミンがしっかり効いていて、滋味深さに旨みとパンチがプラスされており、満足感のある味わいです。 パニールグリーンピースは、トマトもしっかり効いていて、まったりとした旨みのカレー。ミックスベジタブルは、字の通り冷凍のミックスベジタブルがはいっており(カレーの具としてそういうのもありなんですね)、一見チープな感じにも思えるのですが、味付けは3つのカレーの中で一番辛口にしてあり普通においしくいただけます。

3種類とも似たような見た目のカレーなのですが、味はそれぞれが際立つようメリハリがつけてあり、まったく飽きることがありません。

焼き立てのチャパティも言わずもがなでおいしく、長粒種のライスとともにカレーに良く合います。 初めはそれぞれのカレーを味わい、続いてはカレーを混ぜながらチャパティ・ライスといただくと、あっという間に完食です。もちろんおかわりもいただきました。

ベジタリアンということで物足りないのでは?と思っていましたが、これなら食べごたえも十分で、むしろ心地よい感じです。

クスムのチャイ

食後は温かいチャイが出てきてまったり。 いやーすばらしいお店と出会ってしまいました。

 

まとめ

f:id:sunstar78:20191026204134j:plain

以上、インドの家庭料理がいただける「クスム」さんの紹介でした。

クスムさんの料理は、お店っぽくない、地味な、でも滋味深くていつでも、いつまでも食べていたいような、本場の優しい家庭の味です。インド料理店は数あれど、こんなタイプの料理が食べられるお店は少ないはず。カレーやチャパティもですが、特にサモサ!すばらしいです。個人的にはすっかり虜になってしまいました。

なかなか出会えないインドの家庭料理。この優しい味わいは、かなりおすすめです。

  • 店名:クスム本場家庭料理
  • 住所:兵庫県神戸市中央区山本通2-12-21 異人プラザ 203
  • 営業時間:11:30~14:30(ランチ) 17:30~20:00(ディナー)
  • 定休日:月曜

tabelog.com