京都の日々々記

京都のこと、写真やカメラをはじめとした趣味のこと、ひとり暮らしの諸々など

大阪の名店「いずみカリー」の甘くて辛くてトロトロな牛スジカリー

f:id:sunstar78:20180117220729j:plain

最近京都に新しくできた、大阪のカレー屋「いずみカリー」さんに行ってきました。
大阪や東京に複数のお店をもつ人気のカレー屋さんとのことですが、一体どんなカレーが食べられるのでしょうか。
 

大阪・九条のカレー屋「いずみカリー」が京都に

f:id:sunstar78:20180117220717j:plain

いずみカリーさんは、大阪は九条に本店を構えるカレー屋さんです。
本店以外にも、大阪梅田の阪急百貨店をはじめ、大阪や東京に数店舗ある人気のお店です。
 
今回、いずみカリーさんの四条烏丸店ができたのを見つけ、一度試してみることにしました。
四条烏丸店という名前ですが、お店はは西洞院四条を西に入ったところにあります。駅でいうと、阪急烏丸駅・地下鉄四条駅と阪急大宮駅の中間にあります。やや烏丸からの方が近いでしょうか。
店内はカウンターのみでそれほど広くありませんが、一部の席にはコンセントが用意されているなど、綺麗でこじんまりとしたお店です。
f:id:sunstar78:20180117220949j:plain
メニューは基本のカレーをベースに、トッピングによってバリエーションが用意されています。中には京都限定の金箔カリーなるものも。
カレーの味によってそれに合うトッピングが変わってくるため、どのメニューを選ぼうか迷うところです。名物は巨大なハンバーグが乗ったメガバーグカリーのようですが、これはちょっとヘビーそう。
どれにしようかなーと考えながらぐるっと店内を見回してみると、黒板に人気ナンバーワンと書かれた牛すじカリーを発見。
悩んだものの、人気ナンバーワンを信じて牛すじカレーをお願いすることに。
 

いずみカリーの「牛すじカリー」

f:id:sunstar78:20180117220729j:plain

注文してから待つこと数分、牛すじカリーが到着です。
カウンターの上にある福神漬けを入れて、いただきます。
 
一口食べると、まずフルーティなコクのあるしっかりした甘さが押し寄せます。一瞬甘口カレー?と思うのですが、すぐにスパイシーな辛さがやってきて、これが甘口カレーではないことが分かります。この甘さと辛さ両方が主張する感じは、大阪の有名店・インデアンカレーを彷彿とさせます。
甘さと辛さ両方を楽しみながら飲み込むと、後口にはまろやかでしっかりした甘みとカレーであることを主張するスパイスの辛さが残り、なんともいい感じです。コクはありつつもしつこさは感じられません。
甘さと辛さがどちらかに偏ることなく含まれ、それでも両方が主張するというバランスの良さがあります。ルー自体には具などは特にないものの、ルー単体でも楽しめます。
 
このルーだけでも美味しいのですが、真骨頂はトッピングである牛すじと合わせたところにあります。
牛すじは柔らかく煮込まれて、ホロホロでトロッとした状態です。これ自体には味付けはされていませんが、単独で食べても臭みは全くありません。
この牛すじと、甘さと辛さ両方を持ち合わせたカレーを一緒に口へ運ぶと、フルーツや野菜、スパイスによるルーに牛すじの旨みや脂が追加され、牛すじのトロトロした食感も相待ってなんともいえない幸せな味に。スパイシーさが加わった牛すじ煮込みのようです。いや、これは予想以上に美味しいですね。
 
ご飯はラグビーボール型の型に入れてお皿の中央に盛られているパターンです。ご飯の量はそれほどでもないので、もっと食べたい方は大盛りやルーの追加を頼むと良さそうです。
 

まとめ

f:id:sunstar78:20180117220704j:plain

以上、いずみカリーさんの牛すじカリーの紹介でした。
甘辛なカレーと牛すじの絶妙なハーモニーが楽しめるので、こういったキーワードにビビっとくる方には特におすすめです。
次回は名物のハンバーグカリーを試してみたいと思います。