京都の日々々記

京都のこと、写真やカメラをはじめとした趣味のこと、ひとり暮らしの諸々など

オーソドックスで味濃いめな京都ラーメン「元祖 大栄ラーメン」

f:id:sunstar78:20180825233111j:plain

何気なく、突然食べたくなるラーメンと焼き飯。こういうときは驚きのあるラーメンではなく、昔ながらの安定感のあるラーメンが食べたいものです。

そこで、昔ながらな雰囲気のある店構えが気になっていた「元祖ラーメン大栄」さんに行ってきました。

 

京都らしいオーソドックスなラーメン屋「元祖ラーメン大栄」

f:id:sunstar78:20180825233052j:image

元祖ラーメン大栄さんは、河原町丸太町を上がったところにある京都らしい豚骨醤油ラーメンのお店です。京都ラーメンとして有名な第一旭に似たオーソドックスなタイプのラーメンを提供されています。九条や梅津にもラーメン大栄というお店があり、いずれも同じルーツをもつようです。

ラーメン大栄さんは河原町通の西側にありますが、お店の向かい側(東側)には以前まぜ麺をご紹介した「らーめん キラメキノトリ」さんがあります。もう少し北に行くと新福菜館さんもありますね。 

sunstar78.hatenablog.com

 

この日はラーメン&焼き飯の気分だったので、ラーメン大栄さんに行ってみることに。店構えは大きな看板がインパクト大ですが、店内は昔からあるラーメン屋らしいラーメン屋といった趣です。長いカウンターとテーブルがある店内に入り、カウンターに座ります。カウンターからは調理場がよく見えます。

ラーメンは醤油と味噌の2種類という、昔ながらのお店に多いパターンです。他のメニューも焼き飯におつまみのチャーシューにビールに……と、いかにもな感じでいいですね。

 

かなり味濃いめな「ラーメン&焼き飯」

f:id:sunstar78:20180825233111j:image

ラーメン&焼き飯の気分なので、注文はもちろんラーメンと半焼き飯のセット。ラーメンは醤油です。セットで注文すると値段的に結構オトクなようです。暑い日だったので、冷やし中華にも惹かれます。

店内では、ラーメン担当の男性と、焼き飯担当の女性が同時に調理を開始。待つこと5分程度でラーメンと焼き飯がほぼ同時に到着しました。

まずはラーメンから。上述のとおり京都らしい豚骨醤油ラーメンです。スープはあまり甘さがなく、醤油がしっかり効いていて、醤油の酸味も少し感じられます。また背脂はかかっていないのが特徴でしょうか。麺は細めですが、しっかりと食べごたえがあっておいしいです。具として載っているのはチャーシュー、もやし、ネギとこちらもオーソドックス。チャーシューはよく味のついた赤身が多めのもので、チャーシュー麺ではないにもかかわらずかなり量がありました。チャーシューには伊賀のもち豚を使用されているとのこと。むっちりと美味しいチャーシューです。食べ進めていくと、他の京都系ラーメンとくらべてスープの塩分が少し多い気がしました。

セットの半焼き飯は、きっちり茶碗一杯分のごはんと、こちらもたっぷりのチャーシュー、卵、ネギというオーソドックスなもの。こちらもチャーシューがたっぷり入っていてボリューム感があります。少し気になったのが、味付けの濃さ。たまたまかもしれませんが、塩コショウが相当効いていて、まるで「すた丼」を食べているかのような味の濃さでした。一口目はおいしかったものの、食べ終わる頃には結構辛かったです。その後も一日中喉が渇いていました。

ボリュームは十分で食べごたえのあるラーメン&焼き飯でした。もう少し焼き飯の味が薄ければ嬉しいのですが……。

 

まとめ

以上、昔ながらの京都らしいラーメンが食べられる元祖ラーメン大栄さんでした。

数ある京都ラーメンのお店と比べるならば、ラーメン大栄さんはチャーシュー多め&塩分濃いめというのが特徴でしょうか。京都ラーメンの中でも細かなバリエーションがあって面白いですね。色々な京都ラーメンを食べていきたいと思います。

 

 

  • 店名:元祖ラーメン大栄
  • 住所:京都市上京区出水町 ドムス河原町 1階
  • 営業時間:月〜土 11:30 〜 15:00 (L.O 14:40)・15:30 〜 20:00 (L.O 19:40) 日・祝 11:30 〜 15:00
  • 定休日:不定

https://www.gansodaiei.com/