読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都の日々々記

京都のこと、写真やカメラをはじめとした趣味のこと、ひとり暮らしの諸々など

巨大迷路からの脱出だけで3部作引っ張るの!?・映画「メイズ・ランナー」を観に行く

映画

自分の名前以外全てを忘れ、気がつくと巨大迷路の中にいた……という映画、「メイズ・ランナー」を観てきました。

 

続編である2作目「メイズ・ランナー 砂漠の迷宮」や、最終作である3作目の情報についてはこちらをどうぞ。 

sunstar78.hatenablog.com

 

 

SF好きの私としては、劇場で流れるCMで気になっていたものの、なんかありがちというか突然すぎないか?と思う部分もあり、観に行くかどうか悩んでいたのですが、ふと5月末まで有効の無料招待券があったことを思い出し、公開直後の「メイズ・ランナー」を観に行ったのでした。

 

まず結論として、(別に期待してなかったけど、)案外面白いやん、という感じです(笑)。もし行こうかどうか悩んでいる方がいれば、観に行かれてみてはどうでしょうか。SF、サバイバル系がお好きなら、普通に楽しめると思います。

 

以下、若干ネタバレがあります。

 

この映画、観に行く前にもう一つ気になっていたのが、「3部作の1作目」ということ。

 

「もしかして、「メイズ・ランナー」というタイトルから考えて、『巨大迷路からの脱出』というテーマだけで3作引っ張るのか?」と思っていたのですが、さすがにそういうわけではないようです(笑)。いや、「巨大迷路からの脱出」で3作引っ張るなら、それはそれでどうやるのか観てみたいのですが(笑)。

 

唯一迷路に送り込まれた女の子は、なかなか男勝りでかっこよかったです。

 

映画の設定については、巨大迷路が設置され、そこで人体実験的なことが行われていたというのはともかく、地球の状況についてはやや突っ込みどころもあるかな〜と感じました。ですが、2作目、3作目と、どのようにストーリーが進んでいくのか楽しみです。少しづつ謎を明かしていくようなので、あと2本もおそらく観てしまうでしょう(笑)。

 

しかし、最後の次回予告で、「大ヒット3部作シリーズ2作目」というテロップはどうなんでしょうか?(笑)まだ「大ヒット」するかどうかはわからんだろうに(笑)。原作小説が〜という意味でしょうか?

 

それから、次作のタイトルは、もう巨大迷路を脱出したにも関わらず、「メイズ・ランナー:ザ・スコーチ・トライアルズ」となるようです。1作目(原題:The Maze Runner)は英語の「The」を日本語タイトルに付けていないのですが、2作目(原題:Maze Runner: the Scorch Trials)は付けるのですね。

 

ともかく、次作も楽しみにしたいと思います。

 

2015年11月4日追記。

公開された「メイズ・ランナー」シリーズ2作目にして、メイズ・ランナーの続編となる「メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮」を観てきたので、こちらに記事にしました。

sunstar78.hatenablog.com

 

 

 

 

メイズ・ランナー (角川文庫)

メイズ・ランナー (角川文庫)

 

 

 

sunstar78.hatenablog.com