読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都の日々々記

京都のこと、写真やカメラをはじめとした趣味のこと、ひとり暮らしの諸々など

「麺匠 たか松」で「鮭だしつけ汁の冷しゃぶつけ麺」を食べる

先日、全粒粉の入った細麺のつけ麺屋さん「麺匠 たか松」さんに行ってきました。夏限定の「鮭だしつけ汁の冷しゃぶつけ麺」をいただいてきたので、記事にしたいと思います。 

 

「麺匠 たか松」について

京都市中心部の四条烏丸近くにある麺処 たか松さんは、京都・出町柳にあるつけ麺屋さん「つけ麺マン」さんの別業態店です。つけ麺マンさんは太麺と濃厚な豚骨魚介スープのつけ麺を提供されていますが、麺匠 たか松さんは打って変わって細い全粒粉麺とあっさり系スープによるつけ麺を提供されています。学生が多い出町柳と、おしゃれなオフィス&お店の多い四条烏丸の立地の違いもあるのでしょうか。

tabelog.com

カウンターにはあおさや黒七味、そしてスープ割り用のダシが置いてあります。カウンターの壁がタイル貼りでかわいらしいです。
 

夏限定メニュー「鮭だしつけ汁の冷しゃぶつけ麺」

そんな麺処 たか松さんですが、今回は普通のつけ麺ではなく、夏限定の鮭だしつけ汁の冷しゃぶつけ麺をいただきました。こちらのお店は何かしらの期間限定つけ麺をいつもメニューにされています。季節感があって嬉しいですね。

麺は先ほども書いたとおり全粒粉麺です。小麦の香りがいい感じです。(ちなみに大盛にしました。)つけ汁はメニュー名のとおり鮭の風味が感じられ、見た目は麺つゆのようです。具として豚バラの冷しゃぶと、白髪葱、貝割れ大根がついています。こちらの普通のつけ麺にはすだちがついているのですが、このメニューにはつかないようです。
 

感想

食べてみると、普通のつけ麺と比べてもあっさりしていて、夏バテでも美味しくいただけそうな感じです。白髪葱と貝割れ大根がピリッといいアクセントになっています。一人暮らしで自炊をすると、ズボラな私はネギをはじめとした薬味の部分で手を抜いてしまいがちなのですが、やはりこういった一手間が美味しさの秘訣だなと感じました(笑)。
また、普通のつけ麺についているすだちがあれば、より美味しくなるように感じました。
チャーシュー代わりの豚バラの冷しゃぶは、脂の部分が多く、冷えて脂が固まってしまっており個人的にはイマイチでした。総合的には、夏っぽく爽やかさを感じられる味で、暑い日にクーラーの効いたお店で食べるとなかなか美味しかったです!
便利な場所にあるので、四条烏丸でつけ麺が食べたくなったときは、ぜひ麺匠 たか松さんを訪れてみてください!
 

おまけ

いくつかサイン色紙が置いてありました。ヒルナンデスで取り上げられたことがあるようですね。

 

お店の詳細

店名:麺匠 たか松
住所:京都府京都市中京区一蓮社町312
営業時間:11:00~23:00
定休日:年末年始

tabelog.com