京都の日々々記

京都のこと、写真やカメラをはじめとした趣味のこと、ひとり暮らしの諸々など

「美鶴」で「濃厚鶏白湯」そばを食べる

ラーメンの記事が続きます。今年5月に新しくオープンしたラーメン屋「美鶴」さんに行ってきました。

美鶴とは

四条烏丸からすぐの場所にある美鶴さん。もともとこのお店の場所にはマンマルさんという変わり種ラーメンのお店があったと記憶していますが、いつの間にか美鶴さんに変わっていました。
美鶴さんは、鶏をベースとしたパイタンスープのラーメンを提供されています。鳥ベースのラーメンといえば、鳥を極限まで煮込んだドロドロのスープで、天下一品をはるかに超える濃厚なラーメンを提供される極鳥さんが有名です。美鶴さんは、水炊専門店などを経た料理人さんが始められたお店ということで、基本的には鶏の出汁や鶏油を美味しく抽出したスープで提供されているようです。基本的にはと書いたのは、メインのラーメンとは別に、極鳥のような究極に鶏を煮詰めた濃厚な「超濃厚鶏白湯そば」も提供されているからです。こちらも気になるのですが、初めての訪問ということで、メインの「濃厚鶏白湯そば」をいただきました。

濃厚鶏白湯そばをいただく

濃厚鶏白湯そばには白と黒の2種類があります。白は鶏の旨味を基調とした塩スープで、黒は鶏の旨味を引き出す醤油スープとのことです。今回はウリである鶏自体の味を試したかったので、白を選択しました。

5分ほどで到着しました。
一口食べてみると、かなり濃厚であることがわかります。柔らか目の麺がスープにかなり絡んでおり、わざわざレンゲですくわなくてもスープが麺と一緒に口の中に入ってきます。スープはやはり鶏の味がかなり前に出ています。一緒に煮込まれた野菜の味が感じられるスープのお店もありますが、こちらのスープはひたすら鶏のしっかりした味です。余計なものはなく、もったりとした鶏の旨味と鶏油のコクが半々くらいで感じられます。私はほとんど家系ラーメンを食べたことがないのですが、家系ラーメンのように鶏油が印象的です。
具は鶏チャーシューとつくねが入っています。鶏チャーシューはこれだけでもいいおつまみになりそうな少しスパイス(こしょうと山椒?)の効いた味で、ラーメンに入っているチャーシューには珍しい感じですが、美味しかったです。

感想

和食の料理人が〜という売り文句から、もっとあっさりして天天有さんのような鶏の甘味を感じさせるスープかと想像していたのですが、意外にも鶏をストレートに抽出したこってり系のスープでした。
しっかり鶏な感じが好きな方は、かなりハマるのではないでしょうか?なかなかの天下一品の当たり店のようなこってり具合で、美味しくいただけました。次は超濃厚鶏白湯そばの方を食べてみたいと思います!
 

お店の詳細

店名:美鶴
住所:京都府京都市中京区菊水鉾町587
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00
定休日:日曜日
 

tabelog.com