読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都の日々々記

京都のこと、写真やカメラをはじめとした趣味のこと、ひとり暮らしの諸々など

最高に京都ラーメンらしいラーメンが食べられる「珍遊 河原町六角店」に行ってきた

食-ラーメン

f:id:sunstar78:20151003172957j:plain

 

京都の繁華街・河原町にある、京都ラーメンの有名店「珍遊 河原町六角店」さんに行ってきました。いかにも京都ラーメンらしいラーメンが京都の中心街で食べられたので、紹介したいと思います。

 

珍遊とは

珍遊さんは、本店を京都一のラーメン激戦区・一乗寺に構えるラーメン屋です。京都のラーメンにもいろいろな種類がありますが、その中でも京都ラーメンの定番といえる、鶏ガラや豚骨ベースのスープに醤油ベースのタレを合わせ、最後に背脂をちゃっちゃとふりかけるというオーソドックスな京都ラーメンを提供されています。

本店の一乗寺は京都の中心部から離れており少しアクセスしにくいところにありますが、こちらの河原町六角店は京都の繁華街の中心部といえる場所にあり、買い物をしながら食べたくなったときや、観光で寺町通錦市場を訪れた際にも、ふらっと立ち寄りやすいお店です。

f:id:sunstar78:20151003172922j:plain 

鳥白湯背脂の中華そばと焼き飯を食べる

そんな京都ラーメンが食べられる珍遊さん。

今回はその鳥白湯スープに背脂がかかった名物の中華そばと、小さいサイズの焼き飯がセットになった「半チャン定食」をいただきます。

珍遊さんでは、ラーメンを注文するときにその人の好みに合わせて調整してくれるサービスがあります。具体的には、麺の固さ、ネギの量、背脂の量をオーダーできますが、今回はすべて普通でお願いしました。気が利いていて嬉しいサービスですね。

f:id:sunstar78:20151003173815j:plain

お水ではなく、お茶をいただきながら待ちます。

店内はそれなりに広く、カウンターの向こう側が厨房になっており、調理されている様子を見ることができます。最近できたお店ということもあり、ラーメン屋さんですが非常に清潔感があっていいですね。女性の店員さんが中華鍋を振り回して焼き飯をつくっていたのが印象的。

それほど待つこともなく、まずは焼き飯が到着。オーソドックスな焼き飯です。まさに今炒めて運ばれてきたのがわかるくらいアツアツです。

そしてほどなく中華そばも到着。鶏ガラなど鶏ベースのスープに、醤油ベースのタレ、そして背脂がかかった、京都ラーメンの優等生というべき味です。ラーメンが好きではないという人を除いて、この味が苦手な人はほとんどいないのではないでしょうか。

こちらの中華そばをはじめとした「背脂ちゃっちゃ系」ラーメンに共通したことですが、背脂がかかっていたり濃厚なスープが使われている割には、不思議とそれほどこってりしていません。

また、写真ではそれほど背脂が見えませんが、もっとこってりした中華そばが食べたければ、注文時に背脂多めをお願いすることで、背脂をもっとかけてもらうこともできます(笑)。

f:id:sunstar78:20151003173952j:plain

まとめ

そんなわけで、京都の中心部で京都ラーメンらしいラーメンが食べられる、珍遊 河原町六角店さんの紹介でした。

何か驚きのあるラーメンというわけではないですが、街中の非常に便利な場所で安定感のある京都ラーメンが食べられるという点で、存在感のあるお店だと思います。近くのMOVIX京都で映画を観たり、LOFTで買い物をしたあとにふらっと訪ねてみたり、または錦市場など中心部の観光地を訪れた際に京都ラーメンを食べてみたいときに、この珍遊 河原町六角店さん(または目と鼻の先にある第一旭 六角店さん)を訪ねてみるといいのではないでしょうか。

 

店名:珍遊 河原町六角店

住所:京都府京都市中京区新京極通三条下ル東入ル松ヶ枝町457-7 六角会館 1F

営業時間:11:00~23:00

定休日:月曜日

 

tabelog.com