京都の日々々記

京都のこと、写真やカメラをはじめとした趣味のこと、ひとり暮らしの諸々など

地元で愛される京都ラーメンの隠れた名店「いいちょ」さんで、ラーメンと焼き飯を食べる

f:id:sunstar78:20151017225044j:plain

地元で愛されている京都ラーメンの隠れた名店・いいちょさんに行ってきました。ラーメン激戦区でもなく、住宅地の中にあるいいちょさん。それほど期待していなかったのですが、想像していた以上に素敵なラーメンと焼き飯を提供されるお店でした!
 

いいちょとは

いいちょは左京区の下鴨、北大路通沿いにあるラーメン屋さんです。表通りから少し隠れたところにあり、初めてこのあたりを通った私は一度お店を行き過ぎてしまいました。店構えも特に飾るわけではなく、地元で親しまれているお店という感じで、表通りから少し奥まった下鴨の住宅地にひっそりと佇んでいます。
近くには京都府立大学がありますが、最寄り駅である地下鉄北大路駅からは歩いて10分ほどかかる場所です。

f:id:sunstar78:20151017225111j:plain 

いいちょのラーメンと焼き飯

そんないいちょさん。お店の前にはファミリーレストランなどにあるような混雑時に名前を書いて順番を待つための予約表がありました。今回は訪れた時間が遅めであったため、それは利用せずそのまま中へ入りました。時間帯によっては、予約表が必要なほど順番を待つお客さんがいるのでしょうね。
 
今回はラーメンと焼き飯を両方注文しました。いいちょさんでは特にセットメニューや定食は設定されていませんが、ラーメンと焼き飯を一人で注文すると100円引きになるというシステムがあります。

f:id:sunstar78:20151017225142j:plain

しばらくすると、ラーメンと焼き飯が到着。
 

f:id:sunstar78:20151017225044j:plain

まずラーメンです。いいちょさんのラーメンは、醤油とんこつに背脂がチャッチャと振りかけられた、いわゆる京都ラーメンです。ほかの京都ラーメンのお店と比べると、それほど醤油辛くなく、スープが甘めでやさしい味という印象。普段ラーメンのスープは辛く感じてほとんど飲まないのですが、このスープは美味しくてついつい飲んでしまいました。このスープに麺が絡んで、正直予想以上の美味しさでした。食べながら頬が緩んでしまいました(笑)。
 
一方の焼き飯は、こちらもまさに出来たてのアツアツ。新福菜館の焼き飯を彷彿とさせる、かなり黒い焼き飯です。見た目ではかなり辛そうに見えますが、食べてみるとそれほど辛くはありません。新福菜館は黒いスープのラーメンのタレを焼き飯にも使っているので焼き飯が黒いと聞いたことがあるのですが、いいちょさんは特にラーメンが黒いわけではないので、この焼き飯の色は予想外でした。ですが、醤油と絡んだパラパラのごはんが香ばしく、美味しくいただけました。
 
ラーメンも焼き飯も一人前だったので、両方を食べ終わると満腹になりました。ラーメンと焼き飯の美味しさはもちろんのこと、地元に馴染んでいるお店や常連さんと会話されている従業員さんの雰囲気なども含め、食べていて嬉しくなる味でした。
 

f:id:sunstar78:20151017225200j:plain 

まとめ

地元に愛される京都ラーメンの名店・いいちょさんの紹介でした。
以前から名前は知っていて、一度寄ってみたいと思っていました。正直、ラーメンのスープがかなり自分好みで、近くにあったら通ってしまいそうです(笑)。
近くを訪れた際は、ぜひいいちょさんに寄って、長年愛されているラーメンを味わってみてください!
 

店名:いいちょ

住所:京都府京都市左京区下鴨東半木町70-10

営業時間:11:00~15:15(L.O.) 17:30~売り切れ次第閉店(21:00頃)

定休日:木曜日

 

tabelog.com


tabelog.com