読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都の日々々記

京都のこと、写真やカメラをはじめとした趣味のこと、ひとり暮らしの諸々など

2Dで観ても楽しめる?「エベレスト 3D」を2Dで観る

世界最高峰・エベレストの大自然を脅威の3D映像で表現する映画「エベレスト 3D(原題:EVEREST)」を観てきました。タイトルのとおり3D映画であることを大々的にアピールしている本作ですが、あえての2Dで(笑)。

果たして3Dではない普通の2Dでもエベレスト3Dは楽しめたのか、書いておきたいと思います。

 

あらすじ

世界一の高さを誇るエベレスト。登山家たちの憧れであるとともに、登頂には大きな危険が避けられず、命を落とした者も数知れない。一方で登頂者が増えてくるにつれ、どうやれば登頂できるかのノウハウが蓄積され、それをもとにアマチュアも含めた登山家ガイドやバックアップを行う商業登山ツアーが行われるようになった。

1996年には多くの商業登山が行われ、エベレストの頂上付近はかつてない混雑を見せていた。一行は命の危険が及ぶ8000メートル越えの通称デスゾーンを進み、山頂を目指していくが……

 

エベレスト3Dは2Dで観ても楽しめるのか?

まず、3D作品を売りにしているエベレスト3Dを2Dで鑑賞しても楽しめるのかについてですが、まったく問題ありませんでした(笑)。

そもそも本作は1996年に実際に起こった事故をもとにしたドキュメンタリー映画であり、確かに足元がヒヤヒヤするようないかにも3Dが生きそうなシーンも若干はあるものの、全体で見たときにはむしろ3Dの要素は蛇足であるようにすら感じました。

ちなみに、その元ネタである事故については以下をごらんください。

1996年のエベレスト大量遭難 - Wikipedia

 

邦題のつけ方をはじめ、日本でのプロモーションの仕方だと「グラヴィティ」のような3D必須の映画のように思えますが、こちらはあくまでドキュメンタリーです。原題は「エベレスト」だけですからね。

この点、やや日本では宣伝のポイントがずれているように感じました。

 

感想

映画全体の感想について書くと、登場人物が割と多く、かつほとんどの状況において似たような雪山装備であるために、正直最後まで人物の見分けがつかない&覚えられない部分がありました。(私だけ?)

ストーリー自体も、エベレストのどこに何という名前がついているのかや、各ポイントの位置関係についての説明があまりなく、エベレストの幾つかのポイントを行ったり来たりしている中で「今〜にいる!」などというセリフがあっても、「……それってどこ?」という感想を持たざるをえませんでした。

こういったことを考えると、実話をもとにした映画でもあるので、エベレストの頂上付近にあるポイント(キャンプなど)の位置関係や、この大量遭難事故について、少し予習をしていくのがいいのかもしれません。おすすめはこの辺でしょうか。

【イモト、なすび、片山】エベレスト登山の豆知識まとめ【登頂できるかな】 - NAVER まとめ

エベレスト - Wikipedia

1996年のエベレスト大量遭難 - Wikipedia

 

以上、エベレスト3Dについての記事でした。世界最高峰・エベレストの死と隣り合わせな世界をひしひしと感じられる作品でした。

 

movies.yahoo.co.jp