読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都の日々々記

京都のこと、写真やカメラをはじめとした趣味のこと、ひとり暮らしの諸々など

写真のRawファイルを無制限で保存できる、Amazonの「プライム・フォト」がすごい!

写真 写真-プライム・フォト

f:id:sunstar78:20160121214654j:plain

Amazonジャパンが、写真をクラウドに無制限で保存できるWebサービスプライム・フォト」を開始しました。これはAmazonの有料会員であるプライム会員(年会費3,900円)向けのサービスですが、写真保存サービスでは世界初となる、Rawファイルの無制限保存が可能です!どんなサービスになるのか調べてみました。

プライムフォトは以下のリンクからアクセスできます。

www.amazon.co.jp

 

 

Amazonのプライム・フォトとは?

プライム・フォトは、Amazonお急ぎ便などが無料で利用できるようになるプライム会員が無料で利用することのできるWebサービスです。もともとAmazonが提供していたクラウド保存サービス・Amazon Cloud Driveの追加機能として、写真に特化したサービスであるプライム・フォトがリリースされた形です。Amazon Cloud Driveは無料では5GBしか使用することができませんが、プライム・フォトではプライム会員は無料で無制限に写真を保存できることになりました。

特筆すべきは、写真のRawファイルを無制限で保存できるという点です。写真をクラウドに保存してくれるサービスは数あれど、Rawファイルを無制限で保存できるサービスは世界初ではないでしょうか?(もちろん、Dropboxなどのクラウドサービスを容量無制限で契約すればこれまでも可能です。)

ウェブ・モバイル(iOS/Android)・デスクトップ(PC/Mac)のそれぞれから利用可能で、他のクラウドサービスを利用したことのある人なら特に難しいこともなく使用することができます。モバイルアプリは、Amazon Photosというアプリを使用します。

Amazon Photos

Amazon Photos

  • AMZN Mobile LLC
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 

Flickrとの比較

写真共有・保存のウェブサービスとして有名で、当サイトでも何度か紹介しているFlickrと比較してみます。

 

www.flickr.com

 

sunstar78.hatenablog.com

sunstar78.hatenablog.com 

sunstar78.hatenablog.com

 

Flickrは無料で1アカウントあたり1TBの容量を自由に使うことができます。普通の人であれば、容量無制限と言っても良いくらいの大盤振る舞いです。

プライム・フォトと同じように、ウェブ・モバイル・デスクトップのそれぞれから利用することができ、自分がアップロードした写真を見やすいレイアウトで眺めたり、またほかの人が公開に設定している写真を観ることができるコミュニティとしての機能もあります。

プライム・フォトに対してFlickrが劣る点は、Rawファイルは保存できないということです。FlickrJpegなど画像ファイルしか保存できないものの、写真コミュニティサイトとしての機能もあるという点が、プライム・フォトと異なります。

 

Google Photosとの比較

同じく、クラウドへの写真保存サービスであるGoogle Photosとも比較してみます。

 

photos.google.com

 

sunstar78.hatenablog.com

 

Google Photosも、写真を無制限で保存できるという特徴があります。しかし、Google Photosで無制限に保存できる写真は一定以下の画素数Jpegファイルなどに限られ、一眼レフカメラで撮影した写真はサイズを圧縮しないと保存できる容量に制限があり、またRawファイルは保存することができません。 スマートフォンで撮影した写真であれば、大半が圧縮なしで無制限にアップロードすることができます。

プライム・フォトとGoogle Photosを比べると、見やすさなどは別として、容量や保存できるファイルから考えればプライム・フォトの完勝と言った感じです。

 

プライム・フォトのおすすめの使い方

そういうわけで、他のWebサービスと比較した上で、プライム・フォトをどのように利用するのが良いのか考えます。

ひとまず考えられるのは、Rawファイルのバックアップとして使用するのが良いのではないでしょうか。(プライム会員であれば)無料&無制限ということで、もう一つのハードディスクのように写真、特にRawファイルを保存しておくというのがおすすめです。現状、Rawファイルのクラウド上への保存・バックアップは、FlickrGoogle Photosには不可能なことですからね。もちろん、普通のJpegファイルを保存・バックアップするのにも使えます。

 

気になる点

一点気になるのは、この無料&無制限という太っ腹な状態がいつまで続くのかです。

こういったWebサービスは、まず画期的な容量やサービス内容をウリにしてユーザーを集め、ある程度人気が出てユーザーが集まった時点で画期的だった部分が変更されたり有料化され、サービスの質を落とすという手段がよく行われます。

プライム・フォトは、Amazonの有料会員サービスであるプライム会員向けの無料サービスです。昨年にはプライム会員向けの無料動画サービス・プライムビデオも開始されるなど、Amazonプライム会員への無料サービスの追加が続いています。

こういう状況になると、現在年間3,900円で利用できるプライム会員ですが、近いうちにこの年会費が値上げされる可能性はまずまずあるのではないかと考えてしまいます。なにせ本国アメリカではプライム会員は年間99ドルであり、日本の3倍近い値段がするからです。

 

まとめ

以上、Amazonのプライム会員向け無制限写真保存サービス、プライム・フォトの紹介でした。

すでにプライム会員に入っている方は無料で使えるので、とりあえず使ってみると良いと思います。また、現在プライム会員ではないけどプライム・フォトに興味がある方は、プライム会員の1ヶ月間無料お試しを利用して、プライム・フォトを試してみるという方法もありますよ。

これまでの各種写真保存サービスを一気に出しぬいたプライム・フォト、特に写真を撮る方は一度試してみてはいかがでしょうか?

www.amazon.co.jp