京都の日々々記

京都のこと、写真やカメラをはじめとした趣味のこと、ひとり暮らしの諸々など

伏見の名店・大中のラーメンが河原町で食べられる「ラーメン大中 BAL横店」

f:id:sunstar78:20180625091558j:plain

隠れたラーメン激戦区である京都・伏見。その伏見でも老舗として名高い「大中」さんが、初の支店を出店されました。

場所は、四条河原町や三条河原町木屋町からもほど近い、京都BALのとなりです。その名も「ラーメン大中 BAL横店」。

伏見の名ラーメン店「大中」

f:id:sunstar78:20180625091617j:plain

大中さんの本店は、伏見の中心である近鉄桃山御陵前駅や京阪・伏見桃山駅、賑わう大手筋商店街からすぐのところにあります。近鉄電車のガード下というなかなかゴミゴミした場所で、伝統のあるラーメンをとてもリーズナブルにいただけるお店です。伏見で飲んだあとには大中がないと締まらない!という方も多いのではないでしょうか。

そんな大中さん初となる支店が、「ラーメン大中 BAL横店」です。レトロでディープなイメージの本店とは違い、新しくゆとりのあるお店でゆったりと中華そばをいただけます。しかも、京都市中心部から少し離れている伏見ではなく、河原町を中心とした繁華街からすぐの場所で食べられるのがうれしいですね。

 

sunstar78.hatenablog.com

 

大中のこってり甘めな中華そば

f:id:sunstar78:20180625091635j:plain

そんな大中さんの看板メニューであるラーメン。メニューに大きく書かれているのは「特製大中ラーメン」の文字です。この特製大中ラーメンはいわゆるチャーシュー麺であり、チャーシューのバラ肉かロース肉を選択できます。両方入りもありますよ。

ここで注目したいのは、特製ではない並ラーメンの値段。なんと500円です!以前にくらべると値上がりしたようですが、とても良心的な価格です。

f:id:sunstar78:20180625091657j:plain

今回は特製大中ラーメンのロース肉大中ラーメン大盛りを注文。ラーメンはスープや具材によって種類があったり、後述するトッピングというシステムがあるためバリエーションが楽しめます。スープは昔からの豚骨醤油スープである「元味」と、ここ最近のはやりである魚介を足した魚介豚骨醤油の「新味」がありますが、今回は元味を選択。これとは別に、メニューとして特濃大中ラーメンなるものもあります。

さらに、トッピングとして温泉卵とキムチをお願いしました。大中さんのトッピングとは、ネギやもやしの量を選べるだけでなく、温泉卵とキムチの追加を無料で行えるというシステムです。(ただし、並ラーメンの場合のみ+30円。)もともと安く設定されている上に、通常なら追加料金がかかるような卵やキムチを無料でいただけるという、何ともお得なシステムです。

大中さんは、お水ではなくよく冷えたジャスミン茶が用意されています。水道水そのままなお店も多い中、うれしいポイントですね。

注文してからお店を見渡すとBAL横店さんは小ぎれいではあるものの、お店のインテリアや雰囲気が本店と似ているのを感じます。

f:id:sunstar78:20180625091558j:plain

注文から5分も経たずにラーメンが到着。

豚骨ベースと鶏ベースという違いはありますが、全体的な味としては同じく京都の老舗ラーメン店である天天有さんと似ている気がします。甘めでこってりした味が懐かしくておいしい。飲んだ後のシメにもぴったりです。

まとめ

以上、河原町でも食べられるようになった伏見の名店大中BAL横店さんの紹介でした。

新福菜館第一旭などの豚骨醤油系の京都ラーメンとは異なるものの、大中のような甘めでこってりしたラーメンもまた京都ラーメンの一派であるように思います。

これまでよりも行きやすくなった大中さん、ぜひ利用してみてください。

 

tabelog.com