京都の日々々記

京都のこと、写真やカメラをはじめとした趣味のこと、ひとり暮らしの諸々など

新福菜館の味を受け継ぎ、進化させるラーメン屋「麺対軒」

f:id:sunstar78:20190130225017j:plain

四条堀川にあるラーメン屋・麺対軒さんに行ってきました。

新福菜館で修行された方がオープンされたお店のようです。

そのため、ラーメンや焼き飯はあの黒いスープが有名な新福菜館のものがベースになっているとのこと。

また、麺対軒オリジナルの生姜ラーメンもあります。

 

f:id:sunstar78:20190130225123j:plain

かなりのレトロさを感じる店構え。

店内はカウンターが中心で、テーブルが数席。

なんでも、ホンジャマカ・石塚さんがよく訪れるお店だそうです。

 

f:id:sunstar78:20190130225026j:plain

 

今回はラーメンと小サイズの焼き飯がセットになったラーメンセットを注文。

11時半の開店からわりとすぐに伺ったのですが、あっという間に店内は満員に。

 

待つこと10分ほどで、ラーメンと焼き飯が到着。

どちらも新福菜館を彷彿とさせます。

 

f:id:sunstar78:20190130225017j:plain

 

まずはラーメンから。

黒いスープはとても辛そうに見えますが、実際は見た目ほどではありません。

醤油がしっかりと効いた昔ながらなラーメンです。

具はチャーシューとメンマ、ネギ、もやし。チャーシューは薄切りですが、7枚ほどは入っていました。

このラーメンはたまに食べたくなる味ですね。

 

続いて焼き飯。

こちらは意外にも完全にパラパラというよりは、少し油でベチャッとした部分もあります。

味付けには新福菜館と同じくラーメンのタレが使われており、焼き飯の黒さの原因になっています。

醤油が少し焦げた風味もありつつ、かなり濃い目の味付けになっています。

小サイズの割になかなかのボリュームでした。

 

四条界隈には新福菜館系列がないので、このあたりで味わえる新福菜館系のラーメンとして貴重なお店です。

麺対軒オリジナルの生姜ラーメンもおいしいという噂を聞くので、次はこちらを試してみたいと思います。

 

tabelog.com