京都の日々々記

京都のこと、写真やカメラをはじめとした趣味のこと、ひとり暮らしの諸々など

ほっこり京町屋に佇む本格インドカレー「ラトナカフェ」

ラトナカフェのマトンカレー

久しぶりの更新です。時間が経つのは早いですね……。

京都・四条大宮の近くにある町家カフェ「ラトナカフェ」さんでは、こだわりの本格インドカレーがいただけます。

カフェとしてだけでなく、本場のようなカレー屋さんとしても使える隠れ家なお店に行ってきました。

 

インドカレーが評判、住宅街に佇む町家カフェ「ラトナカフェ」

ラトナカフェ

ラトナカフェさんは、四条大宮の少し北東、堀川通の一本西側という住宅街にあるお店です。

ふつうの住宅地なのですが、その中にこそっと佇むのがラトナカフェ。建物は町家が改装されたもので、京都の人気カフェによくある形。でも町家カフェで本格的なインドカレーが食べられるのはラトナカフェさんくらいではないでしょうか。

カフェと名乗るだけあって、コーヒーやチャイのようなメニュー、そしてケーキなんかもあります。でも、一番目立っているのは、5種類もあるインドカレー。カフェのカレーはせいぜい1、2種類がふつう。でもラトナカフェは、肉あり、魚あり、野菜あり、しかもインドの本格派なのです。

 

ラトナカフェのマトンカレー

ラトナカフェのメニュー

そんなラトナカフェさんで今回注文するのは「マトンカレー」。

そう、大阪ミナミの有名店、シンズキッチンさんで、コテンパンにやられたマトンです(笑)。

前回はマトンの臭みにかなり苦戦したのですが、もう一度マトンに挑戦してみようという算段。 そもそも羊の臭みにはそれほど苦手意識はなく、むしろこれが羊のおいしさだと思っていたくらいなので、シンズキッチンであれほどマトンにやられたのは予想外だったのです。

もう一度マトンに挑戦して、本当に自分はマトンが苦手なのか、またシンズキッチンのマトンはもしかして山羊肉だったのかなど考察してみようという思いでした。

さっそくラトナカフェさんに入店。 ラトナカフェさんは、平日と土日でメニューが違い、平日はランチのカレーにもチャイが付くなどかなりお得です。

そんなわけで今回は平日に訪ねてみたところ、店内は数人のお客さんがいただけで余裕がありました。以前休みの日に訪れたときは、お昼すぎでもかなり満員でした。なるほど、ラトナカフェさんは、メニュー的にも混雑的にも、平日が狙い目のようです。

ラトナカフェ

お店はご夫婦で営まれており、給仕をご主人が、調理を奥様がされています。

ご主人にメニューの説明をしてもらい、当初の予定通りマトンカレーを注文。

お肉のカレー(チキンカレーとマトンカレー)は北インド風で、魚のカレーやエビのカレーは南インド風のようです。マトンカレーは一番辛さも強いそう。

お昼どきでしたが、店内はお一人さまのサラリーマンが数名だけで、意外と空いていました。繁華街からやや離れているこのあたりでは、本格的なインドカレーをお昼に食べる人は少ないのかもしれません。反面、土日はカフェとしても利用されたり、カレー目当てで訪れる人も多く、混雑しているのでしょうか。

とはいえ、店内はわりとゆったりした空間で、落ち着くお店です。

 

f:id:sunstar78:20191026201055j:plain

そんなことをぼやっと考えながら、10分ほどでカレーが到着。

カレーのプレートには、ごはん、選択したカレー、ダール(豆のカレー)お惣菜が2種類、そしてレモンのアチャール(インドのピクルス、ご主人曰くインドの梅干しのようなものだそう)がのっています。

まずはメインのマトンカレーから一口。 マトンの旨みとグレービーが交わり、辛さもしっかり効いていておいしいです。心配していたマトンの匂いについては、わずかに羊の匂いがするものの、むしろスパイスと同様にいい味付けになっています。

ダールは、マトンカレーとは逆に、あっさり目の滋味深い味わいです。とはいえ塩はしっかり効いていて、肉や魚は入っていないのですが、物足りないということはありません。マトンカレーといいコントラストを成しています。

お惣菜は、じゃがいものサブジと瓜(?)のサブジでした。サブジはインドの炒めもので、それぞれがターメリックなどのスパイスと塩で味付けがされており、カレープレートのアクセントになっています。単独で、またはカレーと一緒にまぜまぜしていただきます。

レモンのアチャールは、レモンの爽やかさと酸味が楽しめるフレッシュなピクルスという感じ。梅干しほど塩辛くはなく、むしろ爽やかな酸味が際立っていました。自分でもレモンのアチャールを作ったことがあるのですが、そのレシピではレモンをもっと煮詰めた、レモンの酸味が濃厚で、スパイスもよく効いていて、かなり別物でした。

お米も、ハツシモ米というこだわりの銘柄を使用されているそうで、お米自体がおいしいことに加えて、日本米ですがカレーによく合っています。お米はもう少しボリュームがあるとうれしいですね。

まずはそれぞれを味見し、その後は順番に、そして混ぜていただきました。落ち着いた空間で食べる本格的なインドカレー。いいですね。

ラトナカフェのチャイ

食後はセットになっているチャイをいただきました。こちらもおいしい。

 

まとめ

以上、隠れ家な町家カフェで本格的なインドカレーが食べられる「ラトナカフェ」さんでした。

こんなところにお店が?という感じの住宅街にあるお店なのですが、店内はしっとり落ち着いていて、しかもメニューは本格インドカレーという、かなり面白いお店だと思います。

土日もいいですが、平日のお昼は特におすすめです。おいしいカレーとチャイをいただきましょう。

  • 店名:ラトナカフェ
  • 住所:京都府京都市中京区岩上通蛸薬師下ル宮本町795-1
  • 営業時間: 11:30~14:25(L.O) 17:00~19:55(L.O)
  • 定休日:火曜・水曜

 

tabelog.com