京都の日々々記

京都のこと、写真やカメラをはじめとした趣味のこと、ひとり暮らしの諸々など

京都で食べられる九州ラーメン「博多っ子」

f:id:sunstar78:20170228230429j:plain

九州・博多といえば、豚骨ラーメンが有名です。京都でも本場仕込みの九州ラーメンが食べられる、その名も「博多っ子」さんに行ってきたのでレポートしてみます。

 

「博多っ子」とは

f:id:sunstar78:20170228230442j:plain

博多っ子さんは、下鴨神社の近く、下鴨本通り沿いにある九州ラーメンのお店です。

京都で食べられる福岡のラーメンといえば、三条木屋町にある「みよし」さんが有名です。最近では、四条烏丸周辺の「一風堂」さんや、河原町蛸薬師の「一蘭」さん、京都駅・京都拉麺小路の「博多 一幸舎」さんなど、チェーン店が進出しています。そんな中、比較的昔から地元で親しまれている九州ラーメンのお店が、博多っ子さんです。

お店は、ラーメン店の建物と隣の民家(お店の方の家でしょうか)の一階がつながっており、カウンターからテーブル席まであり意外と広いです。

f:id:sunstar78:20170228231035j:plain

昼過ぎに訪れた際は半分くらいの客入りでしたが、食べ終えて出るときにはほぼ満員になっており、地元のお客さんを中心に幅広い層から支持されているようでした。

 

博多っ子の九州ラーメン

f:id:sunstar78:20170228230454j:plain

そんな博多っ子さんですが、今回は一番基本のメニューである「九州ラーメン」を注文しました。

麺は通常のものと、博多直送の細麺が選べます。今回はせっかくなので細麺を選択しました。麺の硬さについては特に聞かれませんでした。

テーブルには豚骨ラーメンのお店ではおなじみの、紅しょうがと白ごまの入れ物があります。

セルフサービスのお水をいただきながら待つこと数分、早速ラーメンが到着です。

f:id:sunstar78:20170228231000j:plain

ラーメンと一緒に、小さな容器に入った高菜も一人ずつに提供されます。

九州ラーメンと名乗るだけあって、しっかりとした豚骨の味がするこってり目のラーメンです。

福岡のラーメンにも、博多ラーメンや久留米ラーメンなど種類がありそれぞれ微妙に異なるようですが、博多っ子さんのラーメンはどちらに傾倒しているわけでもなく、それらをいいとこ取りして京都で受け入れられる九州っぽさを出したラーメンといった感じでしょうか。

スープ自体が豚骨でギトギトといった様子ではなく、別に脂を混ぜてこってり感を出している気がしました。

ここで一杯目を食べ終わったので、豚骨ラーメンならこれをしない手はない、替え玉をお願いします。

替え玉も1分ほどで到着。

f:id:sunstar78:20170228231010j:plain

さすがに2玉食べるとお腹いっぱいです。満足満足。

 

まとめ

以上、京都で食べられる本場仕込みの九州ラーメン「博多っ子」さんの紹介でした。

九州の味を近場で食べられるのはいいですね。

ホームページには割引券もあったので、九州の味が食べたくなったときや、下鴨神社にお参りしたついでにでも、一度試してみるといいかもしれません。

本格九州ラーメン 博多っ子

    • 店名:博多っ子
    • 住所:京都府京都市左京区下鴨松ノ木町2-19
    • 営業時間:11:30~14:00/18:00~22:00
    • 定休日:月曜、第一火曜

博多っ子

食べログ博多っ子