京都の日々々記

京都のこと、写真やカメラをはじめとした趣味のこと、ひとり暮らしの諸々など

レアに揚げられた牛カツが食欲をそそる「京都勝牛」さんに行ってきた

f:id:sunstar78:20151014193754j:plain

レアに揚げられたお肉がシズル感を感じさせる牛カツ専門店・京都勝牛さん。ついに東京・秋葉原へ進出するというニュースが発表されたため、噂の牛カツを堪能したことを記事にしたいと思います。

 

「京都勝牛」とは

京都勝牛さんは、京都に本店を構える牛カツのお店です。最近そのレアに揚げられた牛カツのインパクトからか、あちこちのメディアで取り上げられていますね。
京都勝牛さんは現在、本店である先斗町のお店を含めて京都に3店舗、名古屋に1店舗を出店されています。今後は東京・秋葉原と京都・清水寺に新たなお店を出店されるようです。
メニューは牛カツを含む「牛ロースカツ膳」が中心で、ほとんどのお客さんがこれを注文されるようです。この牛ロースカツ膳には、ごはん、味噌汁、キャベツ、そして牛ロースカツと各種カツ用のつけダレがつき、このうちごはん、味噌汁、キャベツはお代わり自由です。
 

京都勝牛の名物・レアな牛カツ

今回は京都勝牛さんのお店のうち、京都駅の近くにある京都駅前店に行ってきました。
f:id:sunstar78:20151014194404j:plain
 
注文してからわりと早くに到着した名物・レアに揚げられた牛カツはこんな感じです。

f:id:sunstar78:20151014193754j:plain

冒頭にも載せましたが、もう一度(笑)。美味しそうですね。
この見た目だけで、多くの肉好きがそそられるのではないでしょうか?ビジュアルのインパクト大です。ちなみに諸般の事情で小サイズを注文しているので、普通のサイズはお肉がもう少し大きめです。
 
カツといえば、一般的にはトンカツやチキンカツを想像することが多いと思います。ですが、これらのお肉で「レア」とはすなわち「生焼け」ということになってしまうため、レアに揚げられたトンカツやチキンカツは普通メニューとして存在できません。
京都勝牛さんの牛カツは、牛肉だからこそできる「レアなカツ」という存在です。これはカツの再発明といえるのではないでしょうか?(笑)
 
話がそれましたが、見た目のとおりとてもお肉が柔らかいです。外は薄めの衣がカリッと、中は柔らかいという不思議なカツです。
 
そして、この牛カツには複数の食べ方が用意されています。

f:id:sunstar78:20151014194003j:plain

美味しい食べ方として紹介されているのは、特製だし醤油、山椒塩、牛カツソース、和風カレーつけ汁、わさびという全5種類。もちろんわさびと何かを一緒に食べてもOKです。

牛カツ自体にはそれほど味が付いていないため、これらの食べ方で味を変えながら楽しむという感じです。いろいろな味が楽しめて楽しいです。個人的にはわさびと牛カツソースが好きでした。和風カレーつけ汁は、和風の甘口のカレーという感じで、ごはんよりもカツ用に味付けされていると感じました。

 

まとめ

揚げたてのレアで柔らかい牛カツが食べられる、京都勝牛さんの紹介でした。
牛カツ自体もそれほどメジャーではない中、レアな火加減に揚げられたカツという新ジャンルの料理であり、一度試しに食べてみてもいいのではないでしょうか。
今後も店舗を増やしていくとのことなので、あちこちの都市に京都勝牛さんができることになるかも?
ちなみに、秋葉原店は2015年11月20日オープン予定だそうです。関東におすまいの方も一度お試しください。